伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
281/(土)

ニュース

手編み座布団を伊那市議会に寄付

手編み座布団を伊那市議会に寄付

伊那市議会の議場で温かい座布団を使ってもらおうと、22日に市民から手編み座布団が寄付されました。
22日は伊那市福島の三澤(みさわ)清一(せいいち)さんと節子(せつこ)さん夫妻から、伊那市議会の飯島(いいじま)(すすむ)議長に議員、市長、副市長用に23枚が寄付されました。
清一さんが今年の春に議場を見学した際、妻・節子さんが作る手編み座布団の寄付を思いついたということです。
節子さんは現在89歳で、60代の頃から編み物を始め、直径およそ45センチの毛糸の座布団を1か月に2個ずつ編んでいるということです。
節子さんは「座布団の配色を考えて編んでいる。寒い時期になってきたので使ってほしい」と話していました。
飯島議長は「座布団をいただきありがたい。全員に手渡して大切に使わせていただきます」と感謝していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る