伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
281/(土)

ニュース

官公庁・企業 2022年仕事始め

官公庁・企業 2022年仕事始め

官公庁や多くの企業で4日と5日に2022年の仕事始めとなりました。
このうち、伊那市西春近に本社を置く塗料や化学製品の販売を行うNCC株式会社では、5日が仕事始めとなりました。
NCCの本社では社員やグループ会社の社員などが出席し、また諏訪市の支店とはオンラインで結び、年始の朝礼が行われました。
原田()()社長は「年頭にあたり、一人ひとりが何の為に働くのか明確な答えを出して下さい。その目的達成のために今の自分に何が必要か考え、毎日笑顔でいられるよう人の為に働き、実りの多い1年にして下さい」と挨拶しました。
NCCでは今年、原油価格や資材不足などに注視し営業展開を図っていきたいとしています。
 

伊那市役所でも仕事始め

官公庁・企業 2022年仕事始め

 また、伊那市役所では4日に仕事始めとなり、白鳥孝市長が訓示しました。
 白鳥市長は、「福祉に軸足を置き取り組みを進めてほしい。全分野に関係するので、細かいところまで掘り下げ、これまでの福祉事業の総点検をしていきたい」と話しました。
 また、「エネルギーの自給を目指す取り組みの推進や新産業技術の活用など、地方都市の中で、モデルとなるような仕事をしてほしい」と訓示しました。
 仕事始め式には、幹部職員のみ50人ほどが出席しました。新型コロナ感染拡大に伴い流行以降、縮小して行われています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る