伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
266/(日)

ニュース

上伊那広域連合 来年度当初予算28億円

上伊那広域連合 来年度当初予算28億円

 上伊那広域連合議会の2月定例会が24日伊那市役所で開かれ、総額28億8,600万円あまりとする来年度の一般会計当初予算案など9議案が提出され、可決されました。
 来年度の当初予算案では、国が進める情報システムを令和7年度末までに標準化するなど制度改正に伴うシステム導入・改修委託料に3億5,900万円、箕輪町の不燃・粗大ごみ中間処理施設クリーンセンター八乙女整備事業の事業者選定業務委託に1,260万円などとなっています。
 また、定例会には、看護師などの養成学校に通う人に対する資金貸与についての条例改正案が提出されました。
 これは、看護師などを養成する学校に入学、または在学し、免許取得後、上伊那地域の民間の医療機関や介護・福祉施設で業務に従事しようとする人に対し、上伊那広域連合が修学資金を貸与するもので、平成29年度から運用が開始されています。
 改正前は養成施設の最終学年の人が対象だったものを、改正後は、入学、または在学する人に改正。貸与の額と期間は、1人1回に限り30万円としていたものを、最長3年間月額3万円とするなどと改正するものです。
 制度が施行され、5年が経過し、貸与を受ける人がより活用しやすい制度となるよう条例改正が行われました。当初予算案でもこの貸付金事業に360万円が計上されました。
 今議会に提出された9議案は、すべて原案の通り可決されました。
 

クリーンセンター八乙女 改良整備事業の実施方針示される

上伊那広域連合 来年度当初予算28億円

 また、24日上伊那広域連合議会全員協議会も開かれ、クリーンセンター八乙女の基幹改良整備運営事業の実施方針が示されました。
 事業者の募集・選定方式は、公募プロポーザル方式とすることや、令和7年度末までとする工事スケジュールなどが示されました。
 その他、設計・建設費、運営維持管理費を含む事業費は、33億6千万円を見込んでいることが報告されました。 
 

前のページに戻る 一覧に戻る