伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
266/(日)

ニュース

避難行動サポートアプリのセミナー

避難行動サポートアプリのセミナー

 災害時の避難行動をサポートするスマートフォンのアプリについてのオンラインセミナーが、1/29伊那市内で行われました。
 セミナーは国土交通省が進めているもので、全国で3例目のモデル自治体として伊那市が選ばれました。
 セミナーには、一般や市内の自主防災コーディネーターなど、40人ほどが参加しました。
 アプリは、ヤフー株式会社が開発したもので、スマートフォンに自宅の位置などを登録するとユーザーにあった防災行動をプッシュ通知で知らせるものです。
 一人一人が自分に合った防災計画を策定することで、いざというときの避難行動につなげます。
 セミナーでは、アプリの使い方が紹介されました。 
 参加者からは、「危機感が伝わるように動画などがあるとよい」「支援の必要な人が助けを求める機能が付くとよい」などの意見が出ていました。
 国交省では、こうした市民の意見を参考にして、アプリの充実につなげていきたいとしています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る