伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
266/(日)

ニュース

みぶの里「利用者を笑顔に」展示

みぶの里「利用者を笑顔に」展示

伊那市の複合福祉施設「みぶの里」では、入居者に楽しんでもらおうと、ペーパークラフトや雛人形などの展示を行っています。
一階の廊下に作品が展示されています。
こちらの作品は、美篶のボランティア、竹澤(たけざわ)武彦(たけひこ)さんのペーパークラフトです。
竹澤さんの作品は常設で展示していて、1か月ごと違うものに入れ替えているということです。
 

みぶの里「利用者を笑顔に」展示

 ひな祭りに合わせて雛人形や日本人形も展示されています。
全て地域の人から贈られたものだそうで、利用者はこれを見て元気をもらっているそうです。
 

みぶの里「利用者を笑顔に」展示

 他に、施設職員の中山(なかやま)(かおる)さんが描いた水彩画も展示されています。
水彩画を描くのが趣味の中山さんは、今回初めて作品を展示しました。
中山さんは「利用者が感想を言ってくれると嬉しい」と話していました。
 「みぶの里」では、新型コロナウイルスが落ち着いたら地域の皆さんにも見に来て欲しいとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る