伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
255/(水)

ニュース

ろうきん伊那支店運営委員会が小鳩園に遊具など寄付

ろうきん伊那支店運営委員会が小鳩園に遊具など寄付

 長野県労働金庫伊那支店の運営委員会は伊那市山寺にある児童発達支援センター・小鳩(こばと)(えん)に、遊具などを寄付しました。
 10日は労働金庫伊那支店運営委員会の入谷(いりや) (なお)(ふみ)さんらが、小鳩園を訪れ、療育用のバランスボールと、翻訳機を贈りました。
 子どもたちは、さっそくバランスボールに乗るなどして遊んでいました。
労働金庫は労働組合や生活協同組合などの働く人たちでつくる金融機関で、運営委員会は、各企業の労働組合員で組織されています。
 毎年、管内の保育・教育に関する施設に寄付を行っていて、今年は、管内の伊那市・箕輪町・南箕輪村の児童発達支援センターに寄付を行いました。それぞれの施設から要望のあった品物を贈ったということです。
 バランスボールは、遊びながら、体幹を鍛えたり、バランス感覚を養うのに活用します。
 翻訳機は、小鳩園に、外国籍の子どもも通っていることから保護者などとの意思疎通に活用するということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る