伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
271/(金)

ニュース

箕輪町中曽根の権現桜が満開

箕輪町中曽根の権現桜が満開

長野県の天然記念物に指定されている、箕輪町中曽根(なかぞね)権現(ごんげん)(ざくら)が現在満開となっています。
権現桜は樹齢が1,000年を超えるエドヒガンザクラです。
木の根元に権現様が祀られていることから権現桜と親しみをこめて呼ばれているということです。
昭和42年には長野県の天然記念物に指定されています。
高さはおよそ15メートル、幹の太さは8メートルで、明治35年の落雷によって幹が燃えた焼け跡の空洞が今でも残っています。
2本の桜の木が合わさったものだということで、東西に枝が分かれていて、開花時期も違うということです。
箕輪町観光協会によりますと権現桜は天候によりますが、16日頃まで見頃だということです。
散り終わりまでの午後6時頃から9時までライトアップがされているということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る