伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
255/(水)

ニュース

ルビコンがウクライナ救援金100万円を寄付

ルビコンがウクライナ救援金100万円を寄付

伊那市西箕輪に本社を置く、ルビコン株式会社は、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、人道危機救援金として100万円を13日に寄付しました。
13日は伊那市役所にルビコン株式会社の赤羽(あかはね)宏明(ひろあき)社長が訪れ、救援金100万円の目録を白鳥(しろとり)(たかし)伊那市長に手渡しました。
ルビコンではロシアのウクライナ侵攻を受け、本社や国内外の事業所の従業員およそ1,000人が募金に協力したということです。
赤羽社長は「何の縁もなくウクライナから日本へ避難してきている人もいると聞いている。自分たちにできることは限られているが、これからも支援の輪が広がっていってほしい」と話していました。
寄付された100万円は日本(にっぽん)赤十字社を通じて救援活動に役立てられるということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る