伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
2811/(月)

ニュース

伊那坂下教会に前島密の書

伊那坂下教会に前島密の書

日本近代郵便の父と言われ、1円切手に肖像が採用されている前島(まえじま)(ひそか)の書が南箕輪村沢尻の日本キリスト教団伊那坂下教会に飾られています。
前島密の書です。
「いと高きところでは神に栄光があるように地上ではみ心にかなう人々に平和があるように」と漢詩で書かれています。
日本キリスト教団伊那坂下教会の松田(まつだ)聖一(せいいち)牧師です。
明治20年のクリスマスの頃に前島が伊那市坂下にあった旧教会を訪れ、書き残したものだということです。
大きさは縦180センチ、横190センチほどで額にはブドウの木が使われています。
教会には前島が当時訪れたことが書かれた記録が今も残されています。
また旧教会の礼拝堂に前島の書が飾られています。
昭和7年に撮影されたということで、信者たちと一緒に書が写っています。
飾られている前島密の書は誰でも自由に鑑賞できるということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る