伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
255/(水)

ニュース

春の叙勲 エリア内で2人が受章

春の叙勲 エリア内で2人が受章

春の叙勲受章者が今日発表され伊那ケーブルテレビ放送エリア内からは、2人が選ばれました。
元公立中学校校長の竹松德門(たけまつとくもん)さんは教育功労で(ずい)(ほう)双光(そうこう)(しょう)を受章しました。
竹松さんは伊那市富県在住の83歳です。
英語の教諭として教育に携わった他、昭和50年から3年間はジャカルタ日本人学校に勤めました。
県教育委員会の義務教育課、指導主事を3年間務め、平成9年から定年退職するまでの2年間は
東部中学校の校長も務めています。
竹松さんは「このような賞を頂き恐縮しています。授業は全て英語だけで通すなど、熱意を持って教育にあたってきました。」と話していました。

春の叙勲 エリア内で2人が受章

建設会社勤務の成瀬博之(なるせひろゆき)さんは専門工事業務功労で(ずい)(ほう)単光(たんこう)(しょう)を受章しました。
南箕輪村神子柴の成瀬さん57歳は、富山県出身で高校卒業後、日特(にっとく)建設(けんせつ)株式会社に入りました。
法面の施工を主に行っています。平成26年の県北部で発生した神代(かみしろ)断層地震では
災害復旧にも携わりました。
成瀬さんは「非常に光栄に思います。会社に勤めて38年になりますが今後も自分の出来る事を
精一杯やるだけです」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る