伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
265/(木)

ニュース

「まめまめくらぶ」がウクライナ救援金

「まめまめくらぶ」がウクライナ救援金

JA上伊那手良地区生活部会の有志でつくり、2022年2月に解散した「まめまめくらぶ」がウクライナ人道危機救援金を伊那市に4月18日寄付しました。
4月18日は「まめまめくらぶ」の神林(かんばやし)淳子(じゅんこ)会長ら2人が伊那市役所を訪れ、(はやし)(とし)(ひろ)副市長にウクライナ人道危機救援金の5万円を手渡しました。
まめまめくらぶは平成16年に発足し、黒豆の栽培から販売までを行ってきました。
毎年、手良小学校の4年生に黒豆を使ったお手玉を贈り、遊び方を指導して交流をしてきました。
当初20人ほどいた会員も高齢になり8人にまで減少したことから、2022年2月末で解散したということです。
救援金は今までの活動資金の残りと会員から集めたものだということで、日本(にっぽん)赤十字社を通じて救援活動に役立てられるということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る