伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
265/(木)

ニュース

花に親しみ豊かな心を 市内の小学校で花育

花に親しみ豊かな心を 市内の小学校で花育

花に親しむことで心を育てる「花育」の今年度の授業が、伊那市内の小学校で11日から始まりました。
この日は、白鳥(しろとり)(たかし)伊那市長とJA上伊那の白鳥(しろとり)健一(けんいち)常務、JA上伊那花き部会の酒井(さかい)弘道(ひろみち)部会長が伊那小学校を訪れ、代表の児童にアルストロメリアの花束を贈りました。
花育は、伊那市とJA上伊那、花き生産者が、子どもたちに花を通して豊かな心を育んでもらおうと、市内15校の小学3年生を対象に毎年行っているものです。
アルストロメリアの生産量は、上伊那が日本一で、昨年度は1,200万本が関東圏や中京圏を中心に出荷されました。
伊那小学校では、各クラスに10本ずつ、全校で270本が贈られました。
花は、市内のすべての小学校に、あわせて2,200本贈られるということです。
代表の児童たちは「花についてたくさん勉強し、これからも大切にしていきます」と話していました。
花育では、花き農家が講師となり3年生を対象に授業を行っています。
今年は新型コロナの影響で、去年に続き、DVDで花の種類や栽培方法を学んでいました。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る