伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
265/(木)

ニュース

伊那市 高校生まで医療費無料化へ

伊那市 高校生まで医療費無料化へ

伊那市は、子どもの福祉医療費給付金制度の対象を高校生の通院まで広げ、これまで必要だった月額500円の窓口負担も無料化します。
これにより、高校生までの医療費が無料化となります。
11日は伊那市役所で市議会全員協議会が開かれ、給付金制度の拡充について説明がありました。
伊那市ではこれまで給付金制度の対象は、入院は高校生まで、通院は中学生まででした。
市では、子育て世代の負担軽減の為、今回、高校生の通院も対象に加えます。
また、医療機関ごとに1か月あたり500円の支払いが必要だった窓口負担も、今回の拡充で無料となります。
制度の拡充は8月からを予定していて、市では6月議会に補正予算案と条例改正案を提出するとしています。
給付金を受けるには事前の申請が必要で、市では新たな対象者2000人に、今月中に通知します。
県内の19市の中で高校生までの医療費が無料化されるのは伊那市が初めてだという事です。

新型コロナワクチン接種状況 報告

また、新型コロナウイルスワクチン接種状況についても説明がありました。
今月6日現在、1回目の接種を行ったのは82.2%、2回目は81.9%、3回目は60.1%でした。
また60歳以上の人や重症化リスクが高いと医師が認める人等が対象の4回目の接種については、接種希望の意向調査を行い、今月下旬から始めるとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る