伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
265/(木)

ニュース

市民の安全を考える 伊那市安全会議

市民の安全を考える 伊那市安全会議

交通事故防止や防犯など、住民の安全を考える、伊那市安全会議の理事会が12日、市役所で開かれました。
会議には、市の職員や警察、消防団などおよそ20人が出席し、昨年度の事業報告や、今年度の活動内容を確認しました。
伊那市安全会議は、交通事故や犯罪などを防止し、住民の安全意識の向上を図るために設置されています。
交通安全や防火防犯、子どもの安全などの6部会があります。
このうち、交通安全部会は、令和3年の伊那市の人身事故発生件数が、前の年より8件多い104件、傷者数が15人多い123人といずれも増加したことを報告しました。
発生件数のうち、半数以上が高齢者が関係する事故だったということです。
部会では、高齢者の運転免許の自主返納をすすめるとともに、交通安全活動を継続していくということです。
ほかに、防火防犯部会からは、伊那警察署管内で起きた、刑法犯件数は、1年間に300件で、前の年より221件減少したと報告されました。
ただ、車上ねらいや置き引き事件が多発しているということで、ポスターの掲示やパトロールなどでの防犯を呼びかけるということです。
 
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る