伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
286/(火)

ニュース

JA上伊那 消費税負担の影響緩和に関する要請書提出

JA上伊那 消費税負担の影響緩和に関する要請書提出

JA上伊那などは消費税の申告制度で、仕入れ税額控除のひとつ、インボイス制度の影響緩和措置に関する要請書などを24日、伊那市の白鳥(しろとり)(たかし)市長に提出しました。
24日は、JA上伊那の御子柴(みこしば)茂樹(しげき)組合長ら3人が伊那市役所を訪れ、白鳥(しろとり)(たかし)市長に要請書を手渡しました。
インボイス制度とは、消費税の申告制度で、仕入税額控除のひとつです。
消費税が複数税率になったことにより起こる計算ミスや不正を防止するために導入されたものです。
御子柴組合長によりますと、この制度が導入されると、農業者の消費税負担が増加するということです。
このことから、インボイス制度の影響緩和措置に関する要請では「特例を設け、農業者が優遇措置を受けられる
こと」などを求めています。
白鳥市長は「JAとの意見交換の場を作り、現状なども踏まえて話し合いをしたい」と話していました。 

前のページに戻る 一覧に戻る