伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
286/(火)

ニュース

令和3年の南信県税 前年度比で25億円増収

令和3年の南信県税 前年度比で25億円増収

 南信県税事務所は、昨年度の県税決済見込み額を、16日発表しました。
 見込み額は341億6千万円で、コロナウイルスの影響から業績が改善したことにより、前年度より8%・25億3千万円の増収となりました。
 令和3年度の諏訪・飯田事務所を含む南信県税事務所管内の県税収入は、341億6千万円で、令和2年度と比べ8%、25億3千万円の増収となりました。
 これは、製造業を中心とした多くの業種で新型コロナの影響から業績が改善したことによる法人事業税の大幅増によるものです。
 納付すべき額に対して実際に納付された額の割合を示す収入歩合は99.2%で、前年度と比べ0.5ポイントのプラスとなりました。
 収入未済額は、2億6千万円で、新型コロナの徴収猶予の特例が終了したこともあり、前年度と比べ1億2000万円減少しました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る