伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
138/(土)

ニュース

南箕輪村と損保ジャパン 防災力向上の協定締結

南箕輪村と損保ジャパン 防災力向上の協定締結

南箕輪村は、地域防災力向上などに関する包括連携協定を、東京都に本社を置く、損害保険会社損保ジャパンと、6月24日に締結しました。
この日は、南箕輪村民センターで調印式が行われ、藤城(ふじしろ)(えい)(ぶみ)村長と、損害保険ジャパン長野支店の小林(こばやし)(のぼる)支店長が、協定書を取り交わしました。
協定は、災害に備えた地域防災力の向上や、災害時の早期復旧などを連携して行うものです。
地域防災力向上の面では、損保ジャパンが過去の災害のデータなどから地域ごとの被害予測を出し、村に提供します。
その予測データをもとに、村は被害を最小限に抑えるための対策をします。
また、村民や職員の防災意識向上のためのセミナーなどを開くということです。
災害時には、損保ジャパンがドローンなどで被害の情報を集めて村に提供し、早期復旧につなげるとしています。
損保ジャパンが県内の自治体などと協定を結ぶのは今回で14例目で、上伊那では南箕輪村が初めてだということです。
 
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る