伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
138/(土)

ニュース

長野県児童福祉施設大会

長野県児童福祉施設大会

 長野県内の児童福祉の関係者が集い、児童虐待や子どもの権利について考える大会が、きょう、伊那市の伊那文化会館で開かれました。
 30日は、新型コロナの感染対策のため、例年の1割ほどの60人が参加しました。
 大会では、伊那市にある児童養護施設たかずやの里の保育士、中川(なかがわ) 奈美(なみ)()さんが、児童憲章を朗読しました。
 主催した長野県児童福祉施設連盟の川瀬(かわせ)(かつ)(とし)会長は、「子どもを取り巻く環境が変化し、新しい支援が求められている。子どもたちの受け皿としての役割を多くの方に理解してもらいたい」とあいさつしました。
 県内には、21の児童福祉施設があり、大会は、東北信と中南信の持ち回りで毎年開かれているということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る