伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
138/(土)

ニュース

飼料価格高騰で酪農家の経営に打撃

飼料価格高騰で酪農家の経営に打撃

新型コロナの影響やロシアのウクライナ侵攻により飼料価格が高騰し、畜産農家は経営に大きな打撃を受けています。
南箕輪村大芝にある城田(しろた)牧場です。
乳牛およそ125頭を飼育しています。
城田裕也(しろたゆうや)さんです。
家族5人で牧場を経営しています。
牛のエサには、牧草とトウモロコシ、配合飼料を使っています。
配合飼料は100パーセント海外からの輸入に頼っています。
新型コロナの影響やロシアのウクライナ侵攻により配合飼料の価格が高騰していて、確保するのも難しくなってきているということです。
品質の良い牛乳を出荷するためには、たんぱく質やミネラルなどの栄養素が入っている配合飼料が必要だということで、1日に500キロを消費するということです。
売り上げは2021年に比べて半分ほどに減っていますが、エサ代は月に65万円ほど増えているということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る