伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
138/(土)

ニュース

伊那図書館で生き物に触れるイベント

伊那図書館で生き物に触れるイベント

 伊那市の伊那図書館で、ちょっと変わった生き物に触れることができるイベントが、7月31日に、開かれました。
 こちらは、ウォーターパイソン。体長が2.2メートルもある蛇です。
 ボールパイソンは、通常とアルビノの2匹がいます。
 これらの生き物を育てているのは、今年4月に伊那図書館の館長になった(うず)(はし)俊道(としみち) さんです。
 
 埋橋館長は、鷹匠(たかじょう)でもあります。
 会場にはハリスホークという種類の鷹がいて、埋橋館長が腕に乗せて紹介していました。
 そのほか、会場には、埋橋さんが友人から借りてきたロシアリクガメ、ヤモリの仲間のヒョウモントカゲモドキもいました。
 とてもおとなしくて飼いやすいというボールパイソンに、参加者が触れていました。
 このイベントは、夏休みの特別企画として、初めて開かれたものです。 
 イベントは2日間行われ、のべ100人以上が参加しました。
 爬虫類の活動が盛んになる夏にしか行えないということで、夏休み限定の企画だということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る