伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
138/(土)

ニュース

箕輪中出身の高校生 ボート競技でインターハイに出場

箕輪中出身の高校生 ボート競技でインターハイに出場

箕輪中学校出身の、下諏訪向陽高校2年生の永坂(ながさか)()(びき)さんと岡谷南高校2年生の唐澤(からさわ)()()()さんが、ボート競技でインターハイに出場します。
1日は、2人が箕輪町役場を訪れ、白鳥(しろとり)(まさ)(のり)町長に、インターハイ出場を報告しました。
永坂さんは、1人で1,000メートルの直線を漕ぐ、男子シングルスカルに出場します。
兄の影響で高校からボートを始めたということです。
永坂さんは「体力に自信があるので、序盤から相手を引き離してゴールしたい」と話していました。
唐澤さんは女子()(しゅ)付クォドルブルに出場します。
舵手付クォドルブルは、1,000メートルの直線を舵取り役が指示を出しながら、4人でボートを漕ぐ5人1組の競技です。
漕ぎ手の唐澤さんは「チームで力を合わせて、優勝を狙いたい」と話していました。
白鳥町長は「自分の持てる力を発揮して、頑張ってください」と話していました。
インターハイのボート競技は、
愛媛県の今治市で、8月10日から行われます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る