伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
138/(土)

ニュース

劇団歩 2年振りの定期公演

劇団歩 2年振りの定期公演

箕輪町文化センター付属劇団(あゆみ)の、2年振りの定期公演が、7月23日と24日に、町文化センターで行われました。
今回の演目は「楽園(らくえん)楽屋(がくや)」です。
軽口を叩き合い、化粧をしながら本番を待つ3人の役者の、楽屋での様子が切り取られた物語です。
客席に特設のステージが設けられ、囲むように観客が座り、楽屋を覗き見るような演出がされていました。
劇団歩には県内在住のおよそ15人が所属しています。
新型コロナの影響で2回延期になり、2年振りの定期公演となりました。
演出の飯島岱(いいじまたかし)さんは「コロナの影響もあったが、たくさんの人に見てもらえて良かった」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る