伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
269/(月)

ニュース

羽広荘西山亭12月末で営業停止

羽広荘西山亭12月末で営業停止

伊那市観光㈱が運営している西箕輪の羽広荘西山亭は、建物の老朽化や経営状況が厳しいとして、12月末で営業を停止し解体することが26日わかりました。
26日開かれた市議会全員協議会で報告されました。
羽広荘は昭和51年に宿泊施設として営業を開始し、令和2年11月から料理提供をメインとした西山亭として営業を再開しました。
集客を図ってきましたが、新型コロナ感染拡大前から厳しい経営状況となっていました。
建物は昭和51年3月に建設され、築46年が経過しているため耐震基準を満たしていません。
また、水廻りやボイラーなどが老朽化し、修繕には多額な予算が必要となります。
土地は、羽広生産森林組合からの借地で、年間およそ97万円の借地料を支払っています。
今後、この施設に多額の費用を投じるのは非効率だとし、伊那市では12月末をもって営業を停止し、建物を取り壊すとしています。
また、市内2つの日帰り温泉施設みはらしの湯とさくらの湯については、燃料費の高騰などにより今後の経営が厳しいとして、10月1日から現在の500円を600円に値上げする考えが示されました。

 

保育園など副食費 来年度から無償に

羽広荘西山亭12月末で営業停止

全員協議会では他に、公立・私立保育園などの3歳以上の給食のおかずやおやつ代の副食費を来年度から無償とすることが報告されました。
3歳以上の副食費について、国の公定価格月4500円の所、現在、伊那市が1500円を補助し保護者負担を3000円としています。
保護者の経済的負担軽減のため、来年度から副食費の全額を伊那市が全額補助するとしています。
予算については、令和5年度の当初予算に計上する予定です。

羽広荘西山亭12月末で営業停止

また、伊那市議会9月定例会が26日に開会し、7億9千万円を追加する一般会計補正予算案など23議案が提出されました。
伊那市議会9月定例会は、9月6日から8日に一般質問、16日に委員長報告・採決が行われます。

前のページに戻る 一覧に戻る