伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
269/(月)

ニュース

定時制・通信制生徒生活体験発表会 

定時制・通信制生徒生活体験発表会 

 南信に6つある定時制・通信制の高校に通う生徒の生活体験発表大会が、17日、箕輪町文化センターで開かれました。
 この日は、南信の定時制・通信制の諏訪実業、箕輪進修、赤穂、飯田OIDE長姫、飯田女子、つくば開成学園に通う11人が生活体験を発表しました。11人は校内選考で上位となった生徒たちです。
 授業や学校生活、教諭や友人・家族とのつながりについてや、いじめや不登校などの苦しみがあっても乗り越えた体験などを発表しました。
 審査は、各高校の教諭6人が行いました。
 審査基準は、真実味があふれているか、共感性があるか、動作に好感が持てるかなど10項目です。
 審査の結果、上田市在住でつくば開成学園高校2年の滝沢(たきざわ) (あおい)さん16歳が、最優秀賞に選ばれました。
 なお、優秀賞には、飯田OIDE長姫高校4年の金井(かない) 麗佳(りか)さんと箕輪進修高校3年の伊藤衣玲奈(いとうえれな)さんが選ばれました。
 上位3人は、来月8日に松本市で開かれる県大会に出場します。
 

前のページに戻る 一覧に戻る