伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
269/(月)

ニュース

台風14号 通勤通学の足に影響

台風14号 通勤通学の足に影響

台風14号は、20日午前9時に三陸沖で温帯低気圧に変わりました。
伊那地域では19日の夜か20日の午前にかけ雨が強まり、通勤通学の足に影響が出ました。
午前7時半頃の中心市街地です。
こちらの男性は、長靴に防水ズボンで通勤していました。
長野地方気象台によりますと降り始めから20日午前10時までの伊那地域の降水量は53.5ミリとなりました。
最大瞬間風速は20日午前1時46分に16.7メートルを記録しました。
JR飯田線は、台風の影響で計画運休を行いました。
辰野駅から愛知県の本長篠駅間では19日の午後から上下線で運休となっていて、20日午後4時に順次運行を再開しました。
この影響で伊那市の伊那弥生ケ丘高校では、終日オンラインで授業が行われました。
学校と生徒の自宅をテレビ会議システムでつなぎ授業をしていました。
上伊那では他に伊那西高校でオンライン授業が行われ、その他の高校は休校となりました。
 

大きな被害はなし 農家も安堵

台風14号 通勤通学の足に影響

伊那市横山の小林その子さんの広さおよそ50アールの、
りんご畑です。
台風接近を前に早生種のつがるの収穫は終えていましたが、ふじなどは今後収穫期を迎えるため、不安な一夜を過ごしたといいます。
JA上伊那によりますと20日正午現在、農作物の大規模な被害の報告は入っていないということです。
 長野地方気象台によりますと、雨の影響で地盤が緩んでいる可能性があるとして、引き続き土砂災害に注意するよう呼びかけています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る