伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
1012/(土)

ニュース

アルプス中央信用金庫がこども食堂に20万円寄付

アルプス中央信用金庫がこども食堂に20万円寄付

こども食堂で役立ててもらおうと、寄付金や食料などの善意が寄せられています。
伊那市に本店を置くアルプス中央信用金庫は、上伊那地域子ども応援プラットフォームに3日、寄付金を贈りました。
伊那市のいなっせで行われた贈呈式でアルプス中央信用金庫の吉澤(よしざわ)(まさ)(ふみ)理事長が子どもの居場所づくりに取り組む上伊那地域子ども応援プラットフォームの古畑(ふるはた)克己(かつみ)代表運営委員に、20万円の目録を手渡しました。
あるしんは2022年6月から、SDGsの取り組みの一環として、こども食堂に寄付することを目的とした、あるしん寄付型地域応援定期預金「絆」の取り扱いを始めました。
販売額は20億円で、定期預金総額の0.01パーセントにあたる20万円を寄付するものです。
また、あるしんでは寄付にあわせて、子育て支援の取り組みとして「フードドライブ」を実施し集まった米やレトルト食品、お菓子などの食品も寄贈しました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る