伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
43/(月)

ニュース

南原住宅団地 1区画が所有者から返却

南原住宅団地 1区画が所有者から返却

ダイオキシンを含む焼却灰が南箕輪村南原の住宅団地に埋められていた問題で、対象の7区画のうち、1区画が所有者から南箕輪村土地開発公社に返却されました。
これは11日に、南箕輪役場で開かれた村議会全員協議会で報告されたものです。
南原住宅団地の1区画は、所有者との合意により、村土地開発公社へ返却されたということです。
公社は、合意の際の解決金の金額については公表しないとしています。 
村土地開発公社理事長の藤城(ふじしろ)(えい)(ぶみ)村長は公社に返却された土地について「今後売却する予定はない」と話していました。
土地の活用については、南原区の意見を聞きながら考えていくということです。
他の6区画については、所有者からの返却の申し出は無いということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る