伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
1012/(土)

ニュース

西山神社に園児が幟旗を奉納

西山神社に園児が幟旗を奉納

伊那市の西箕輪南部保育園の園児は近くの西山神社に絵や夢を書いた手作りの幟旗(のぼりばた)を10月20日に奉納しました。
年少から年長までの園児30人が西山神社を訪れました。
園児は幟旗を立てていました。
西山神社では毎年10月9日に例大祭を行っています。
例大祭は(のぼり)(まつ)りとも言われ、神社に続く190段の参道階段の両脇に旗を立てます。
昭和30年頃には数千本の幟旗が立てられていましたが、近年は少なくなってきているということです。
西山神社では、賑わいを復活させようと西箕輪南部保育園に依頼し、9年前からこの奉納を行っています。
幟旗には家族が元気に過ごせますようにといった願いや将来の夢が書かれています。
10月20日は、およそ50本の幟旗を立てました。

前のページに戻る 一覧に戻る