伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
245/(金)

ニュース

まほらいな市民大学入学式

まほらいな市民大学入学式

伊那市が開く生涯学習の場、まほらいな市民大学の入学式で、伊那市ふるさと大使で元NHKプロデューサーの西村(にしむら)()志木(しき)さんによる記念講演が10月13日ニシザワいなっせホールで行われました。
入学記念講演会は「朝ドラ、大河、ドラマはこう生まれる」と題して開かれました。
講師は伊那市ふるさと大使で、元NHKエンタープライズ・エグゼクティブプロデューサーの西村(にしむら)()志木(しき)さんです。
伊那市長谷出身で、朝ドラ「(みお)つくし」の演出やスペシャルドラマ「坂の上の雲」の制作総指揮などを務めました。
講演の中で西村さんは「朝ドラはナレーションを多く入れることで家事をしながらでも場面がわかるように工夫している」と制作秘話を話していました。
10月13日は入学式がニシザワいなっせホールで行われました。
今年度、市民大学に25期生となる37歳から85歳までの38人、市民大学の修了生を対象にした大学院8期生には70歳から80歳までの7人が入学しました。
式辞で学長の白鳥(しろとり)(たかし)市長は「学習を通して人と出会い、絆を深めてほしい」と話しました。
入学生を代表して六波(ろくは)()(とも)(はる)さんは「健康に気をつけ、生涯学習を通して仲間たちと充実した生活を送っていきたい」と話していました。
市民大学は健康づくりや芸術・文化、人権など6つの分野を2年間学びます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る