伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
225/(水)

ニュース

伝統芸能 古田人形芝居定期公演

伝統芸能 古田人形芝居定期公演

箕輪町上古田に江戸時代から伝わる伝統芸能の古田人形芝居の定期公演が3日に町文化センターで行われました。
定期公演には古田人形芝居保存会と箕輪中学校古田人形部の2団体が出演しました。
公演ではまず、古田人形芝居保存会が舞台を清める舞、「三番叟(さんばそう)」を披露しました。
箕輪中学校古田人形部は
(しょう)(うつし)朝顔話(あさがおばなし) 宿屋(やどや)の段」を披露しました。
盲目の娘とその恋人との悲恋を描いた物語です。
生徒は3人一組で人形を操り演じていました。
続いて古田人形芝居保存会が大井川の段を披露しました。
古田人形芝居はおよそ300年の歴史を持ち、長野県選択無形民俗文化財に指定されています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る