伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
225/(水)

ニュース

箕輪町の2人が岡工ラグビー部で全国出場

箕輪町の2人が岡工ラグビー部で全国出場

箕輪町在住で岡谷市の岡谷工業高校ラグビー部に所属する2人が、27日から東大阪市花園ラグビー場で開かれる全国高校ラグビーフットボール大会に出場します。
12日は、岡谷工業高校ラグビー部3年で大出の荻原(おぎはら)()(づき)さんと、1年で松島の宮入(みやいり)(れん)さんらが町役場を訪れ、白鳥政徳町長に全国大会出場の報告をしました。
岡谷工業高校ラグビー部は、11月に開かれた県大会で優勝し、2年ぶり32回目の全国大会出場を決めました。
荻原さんは、97キロの体重を活かし、スクラムの最前線を務めます。
1年でレギュラーの宮入さんは、スクラムの後方を支えるポジションを担当しています。
白鳥町長は「まずは一回戦を突破して、長野県のラグビーを盛り上げてください」と話していました。
 第102回全国高校ラグビー大会は、27日から大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開かれます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る