伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
301/(月)

ニュース

南箕輪村で二十歳のつどい

南箕輪村で二十歳のつどい

南箕輪村は二十歳のつどいを3日に村民センターで開きました。
平成14年4月2日から平成15年4月1日生まれの男性90人、女性113人のあわせて203人が対象で、式には118人が出席しました。
主催した南箕輪村教育委員会の清水閣(しみずかく)(なり)教育長は「人生の大事な節目を迎え、これから沢山の経験をして成長してください」と式辞を述べました。
参加者を代表して中村(なかむら)雄大(ゆうだい)さんは「自分の目標に向かって時には辛抱強く、紆余曲折しながらも日々精進していきたい」と謝辞を述べました。
意見発表で土山(どやま)景子(けいこ)さんは「大人として常に謙虚で前向きに恩返ししていきたい」と話しました。
村では成人年齢が18歳に引き下げられたことから今年から式の名称を二十歳のつどいに変更しています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る