伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
164/(火)

ニュース

仲仙寺で蛇の神「神願様」を祀る

仲仙寺で蛇の神「神願様」を祀る

伊那市西箕輪の仲仙寺の参道入り口に家内安全や五穀豊穣を願うワラで作った(じゃ)の神「(じん)()(さま)」が3日に祀られました。
毎年1月3日に仲仙寺の門前に住む5軒が中心となり奉納をしていて、およそ300年の歴史があるということです。
3日は午前8時に去年祀られた(じん)()(さま)が下ろされました。
地区のどんど焼きで燃やされるということです。
2022年のものを下ろした後、稲わらを編んで全長およそ5メートルの新しい神願様を作りました。
胴体には干支の数と同じ12本のたてがみが取り付けられていることから竜をかたどったものとも言われています。
ほかに、柳の木の枝を使った飾りや御幣を取り付けていました。
仲仙寺の師田和(もろたわ)(こう)住職によりますと「仏教では竜は雨や水の神で、五穀豊穣を願うものとされている」ということです。
神願様が完成すると、師田住職により開眼法要が行われました。
このあと神願様は、仲仙寺の参道入り口にあるサワラの木にかけられ1年間祀られます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る