伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
164/(火)

ニュース

伊那市長谷 春日さん宅で凍み大根づくり

伊那市長谷 春日さん宅で凍み大根づくり

冬の寒さを利用した昔ながらの保存食のひとつ「()み大根」づくりが、伊那市長谷で行われています。
凍み大根を作っているのは、長谷非持の農家春日清人(きよと)さん・美佐子(みさこ)さん夫妻です。
大根を輪切りにして茹でたものを数日水に浸し、吊るします。

夜の寒さで凍らせたものを、日中の暖かさで溶かして水分を抜いていきます。
1か月から2か月ほど繰り返すと、水分が抜けきり乾燥するということです。
16日朝の伊那地域は、午前9時ごろの気温が6.2度と寒さが緩み、大根は凍っていませんでした。
春日さん宅では、ワラで吊るす昔ながらの作り方をしています。
ナイロン製のものよりも、カビが生えにくいということです。
今年は9日に、一家総出で100本余りの大根を一日かけて皮をむいたり茹でたりしました。
春日さん宅では、10年ほど前から再び作るようになりました。

伊那市長谷 春日さん宅で凍み大根づくり

こちらは、去年作ったものです。
冷蔵庫に入れておけば1年間は食べられるということです。

伊那市長谷 春日さん宅で凍み大根づくり

これを半日から1日水に浸すと、元の形に近くなります。

伊那市長谷 春日さん宅で凍み大根づくり

独特の食感で味も染み込みやすいため、煮物にすると良いということです。

伊那市長谷 春日さん宅で凍み大根づくり

凍み大根は、2月下旬から3月にかけて、道の駅南アルプスむら長谷で販売するということです。

前のページに戻る 一覧に戻る