伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
43/(月)

ニュース

高遠城ゆかりの品 県宝指定へ答申

高遠城ゆかりの品 県宝指定へ答申

長野県文化財保護審議会は、宮田村の小田切()家が所蔵する高遠城のゆかりの品106点を、新たに県宝に指定するよう、県教育委員会へきのう答申しました。
県宝へ指定するよう答申されたのは、宮田村の小田切康彦()村長が所蔵する「高遠城二ノ丸()稲荷本()殿()上家()、奉納品類」106点です。
これらは、ニノ丸にあった厩に祀られていた稲荷社の本殿など にあったとされる品々です。
廃城当時、厩に勤務していた小田切家に伝わったとされています。
審議会では、これらの品々は藩士の御厩(稲荷(おうまやいなり)への信仰を知る事ができ、高遠藩や高遠城の歴史を知るうえで極めて貴重な資料だとしています。
県宝への正式指定は、次回の県教育委員会の定例会で決定し、県報に告示されます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る