伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
23/(土)

ニュース

県議選伊那市区(定数2) 無投票で当選

県議選伊那市区(定数2) 無投票で当選

任期満了に伴う4月9日投開票の県議選は31日に告示されました。
定数2の伊那市区から立候補したのは、現職と新人の2人のみで、無投票での当選が決まりました。
市区での無投票は2015年以来です。
無投票で当選したのは届け出順に、東春近で自民党 現職2期目の酒井茂さん70歳と西町で自民党 新人の向山賢悟さん48歳です。
2人は31日に出陣式を行い、第一声をあげました。

県議選伊那市区(定数2) 無投票で当選

酒井さんは東春近のグレース春富ホール駐車場でおよそ100人の支持者が見守るなか第一声をあげました。
「今長野県が変わる時であります。そのためには政治、政策、社会を変えていかなければならないと思っています。特に重要なものは医療、福祉、介護、子育て支援の充実です。そして産業の振興、農業の振興、商工業の振興に意を注いでまいります。」
酒井さんは戸草ダム建設による防災力強化などを政策にかかげています。

県議選伊那市区(定数2) 無投票で当選

向山さんは、中央の選挙事務所駐車場でおよそ150人の支持者が見守るなか第一声をあげました。
「祖父から父へ、父から私へ引き継がれた郷土愛もそうだが、地域の魅力を感じながらも地域の将来を憂いて心配する気持ちも強い。世代としての責任もしっかりと果たさないといけないという強い自覚も持っている。大好きな伊那のために、伊那谷のために、ふるさと信州長野県のために、伊那谷に太陽をということで責任世代が一生懸命がんばりますので、是非とも応援をお願いします。」
向山さんは地域振興や少子化対策の推進、災害に強い地域づくりなどを政策にかかげています。

伊那ケーブルテレビでは無投票による当選を果たした2人の特別番組、「2023県議選伊那市区 喜びの声」を放送します。
日時はきょう31日、午後9時30分。あす4月1日午前9時、午前10時30分です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る