伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
167/(火)

ニュース

中尾歌舞伎 本番間近稽古に熱

中尾歌舞伎 本番間近稽古に熱

 伊那市長谷に伝わる中尾歌舞伎の定期公演が、29日に行われます。
本番まで10日を切り、稽古にも熱が入っています。
 20日夜は公演がある中尾座で、稽古が行われました。
本番が近いこともあり、半分ほどの役者が衣装を身に着けて稽古を行いました。
衣装のメンバーは、帯や帯揚(おびあ)げといった和装小物がそろっているか事前に確認しながら着つけていました。
今回の演目は、落語をもとにした「人情(にんじょう)(ばなし) 文七(ぶんしち)元結(もっとい)」です。
江戸時代の町民の気質と人情が表現された作品で、中尾歌舞伎のレパートリーの中で、唯一、大団円となる作品です。
今回、丁稚(でっち)役で、長谷保育園の年中児、松田(まつだ) みなみちゃんが初出演します。
 稽古で、みなみちゃんは、しっかりとした演技を見せていました。
 みなみちゃんは「本番もがんばりたい」と話していました。
 中尾歌舞伎の春季公演は、新型コロナの影響で、4年ぶりに一般に公開しての開催となります。
 中尾歌舞伎保存会の中村徳彦代表は「わかりやすい出しものなので、ぜひ観て親しんでもらいたい」と話していました。
 今回、会場での観覧は先着100人の事前予約制で、すでに定員に達しています。
中尾歌舞伎春季公演は、29日(土)に、伊那市長谷の中尾座で行われます。
なお、伊那ケーブルテレビでは公演の模様を29日午後1時30分~122チャンネルで生中継します。
 

前のページに戻る 一覧に戻る