伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
246/(月)

ニュース

伊那市内6企業が硬式ボール贈る

伊那市内6企業が硬式ボール贈る

伊那市の地元企業6社は、地域貢献の一環で、上伊那の中学生の硬式野球チーム伊那ファイターズにボールを15日、贈りました。
15日は、南箕輪村の伊那シニアグラウンドで選手に硬式ボール180個を贈りました。
寄贈したのは、伊那市の合資会社青山、障害者就労施設信州こころん、池田建設、日商開発、馬場測量設計、小松商会の6社です。
伊那商工会議所青年部の現役とOBの有志で、地域の子どもたちを応援しようと寄贈したものです。
代表して日商開発の工藤(くどう)(よう)(すけ)さんは「楽しんで野球を続けてください。」と話していました。
伊那ファイターズの竹村(たけむら)(せい)主将は、「チームの目標としている全国大会に出場できるよう頑張りたいです。」と感謝していました。
伊那ファイターズは、伊那市内を中心に1年生から3年生まで合わせて44人が所属しています。
新チームでの練習がスタートしていて、29日から春季大会が行われます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る