伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
216/(金)

ニュース

伊那市社協 夏のフードドライブキャンペーン実施中 

伊那市社協 夏のフードドライブキャンペーン実施中 

夏休みを前に伊那市社会福祉協議会は、自宅に眠っている食材の提供を呼び掛ける「夏のフードドライブキャンペーン」を行っています。
食品は、福祉まちづくりセンター1階で受け付けています。
米やレトルト食品、カップ麺、缶詰、調味料などで、賞味期限が2か月以上あり未開封のものなどです。
市社協では、子育て世代や生活困窮者の支援として、学校が長期休みになる春・夏・冬の年3回フードドライブキャンペーンを行っています。
集まった食品は、子ども食堂などでも利用されます。
夏のフードドライブキャンペーンは、31日月曜日まで行われています。
集まった食材の量は、今年の春は1か月で385個・総重量575キロ、冬は2か月で2,514個・2,367キロでした。
また、地域の飲食店が協力し子ども食堂の一環として行われているカレー大作戦では、一昨年8月に初めて行った際は901食でしたが、前回の6月は1,729食と増加し、活動への関心が高まっています。

前のページに戻る 一覧に戻る