伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
269/(火)

ニュース

広島原爆から78年 平和のつどい

広島原爆から78年 平和のつどい

1945年、昭和20年8月6日に広島に原爆が投下されてから、6日で78年となりました。
伊那市内では核兵器廃絶を訴える平和のつどいが開かれました。
伊那市山寺の丸山公園では、原爆投下時刻の午前8時15分にサイレンが鳴らされると、平和の塔の前で参列者およそ50人が黙祷を捧げました。
平和祈念式典は「非核平和都市宣言をさらにすすめる伊那市民の会」が毎年開いています。
伊那市民の会は1987年に発足し、3年後の1990年に、この丸山公園に平和の塔が建立されました。
6日は小林史(こばやしふみ)麿(まろ)副運営委員長が「核兵器のない世界を目指しこれからも平和運動を続けていく」と建石(たていし)(しげ)(あき)運営委員長のメッセージを代読しました。
参列者は平和の塔に花を手向け、手を合わせて世界平和を祈っていました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る