伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
134/(土)

ニュース

箕輪中新制服導入へ 小学生らが意見出し合う

箕輪中新制服導入へ 小学生らが意見出し合う

箕輪町の箕輪中学校のPTAなどは、再来年4月に新制服の導入を検討しています。
21日は、新しい制服を初めて着る町内の小学5年生らが集まり意見を出し合う会が開かれました。
21日は、町内5つの小学校の児童35人が参加しました。
他に、中学生やPTA役員などおよそ40人も参加し、小学生にアドバイスを送りました。
会場には、男女合わせて100着以上の制服の他、シャツやリボン、ネクタイなどのサンプルが並べられました。
現在の箕輪中学校の制服は、50年以上前から男子は学ラン、女子は紺色を基調としたものです。
以前から制服を変えて欲しいという意見が生徒から出ていたことから、昨年度箕輪町教育委員会が「箕輪中学校制服検討委員会」を立ち上げました。
保護者や生徒にアンケートをとったところ、8割が変更を希望していることが分かり、現在の小学校5年生が中学生となる2025年度からの新制服の導入を検討することになりました。
児童らは、8つの班に分かれて、それぞれ気に入った制服を探しました。
サンプルの制服を見て回ったあと、「今の制服の色を基に決めた」「女子はスカートとスラックスを選べるようにした」などと、それぞれの班が選んだポイントを発表しました。
今回出された意見は、9月に開かれる検討委員会に報告され、最終的には来年6月までに決定するとしています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る