伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々晴14℃ / 3℃今日の天気:南信
晴時々曇10℃ / 0℃12月2日(木)
晴時々曇11℃ / -1℃12月3日(金)
晴時々曇10℃ / 0℃12月4日(土)
晴時々曇11℃ / -1℃12月5日(日)
曇り13℃ / 1℃12月6日(月)
曇一時雨14℃ / 4℃12月7日(火)
112/(水)

ニュース

洪水バイパストンネル試験運用開始
美和ダム土砂流入抑制

170億円の効果注目

洪水バイパストンネル試験運用開始<br>美和ダム土砂流入抑制

 長谷村美和ダムへの土砂流入を抑制するために設置された洪水バイパストンネルが5日、初めて試験運用され全長4300メートルのトンネルに水が通った。
 午前11時にゲートが開けられ、まず毎秒10トン、続いて同20トン規模で水が流された。ダム下の排水口対岸に集まった国土交通省三峰川総合開発工事事務所(三峰総)の職員や関係者など約50人が見守る中、開門約20分後コンクリートを溶かしたような灰色の水が勢い良く流れ出した。午後も試験運用され、午後5時に終了した。
 トンネルは、ダム上流の大規模な分派堰・貯砂ダムとセット。洪水時に美和ダムに流れ込む土砂のうち粗い土砂は貯砂ダムで止め、細かい土砂は分派堰でせき止めてバイパストンネルに迂回、ダム下に放出する。01年1月に着工、4年の歳月をかけて05年5月に完成した。総工事費は170億円。
 三峰総によれば、美和ダムには三六災害や72‐73年の大出水を始め毎年大量の土砂が流入し、ダムに溜まった土砂は(堆砂)は02年までに約2000万立方メートルにも及んだ。その一部500万立方メートルはは砂利資源や盛土材として利用したが、恒久的な堆砂対策なしには美和ダムの機能維持が難しいとして、多目的ダムでは全国初の同施設の建設となった。
 今後は、流入量が毎秒100トンを超える時には、この堆砂システムを運用して、ダム上流からダム下に直接水を流す予定。当面2年間は試験期間とされているが、実質的には運用開始といえる。美和ダムでの状況を見て、小渋ダムでも同様の施設建設を進めるとされており、170億円をかけたシステムの効果がどう出るか注目される。

前のページに戻る 一覧に戻る