伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
216/(金)

ニュース

高遠城下まつり4年ぶり開催

高遠城下まつり4年ぶり開催

 今年で51回目となる伊那市高遠町の高遠城下まつりが2日、4年振りに商店街で行われ多くの人で賑わいました。
午後1時から高遠町商店街ご城下通りは歩行者天国となり仲町駐車場ではステージイベントや物産展などが行われました。
まつりは、高遠太鼓保存会による演奏でスタート。
町内の各実業団がブースを出展し、子どもたちがスーパーボールすくいや射的などを楽しんでいました。
他に、牛乳パックで竹トンボをつくる体験や金魚すくいなども行われていました。
また、伊那市と友好提携を結んでいる福島県猪苗代町は、そばや天ぷらまんじゅうなどの物産品を販売しました。
総合福祉センターやますそ駐車場では、高遠そばの会が発足25周年とご城下通りの無電柱化を記念して高校生以下の子どもたちにそばを無料で提供しました。
午後1時の開始と同時に長蛇の列が出来ていました。
高遠町地区区長会長で高遠城下まつり実行委員長の伊藤(いとう)正剛(まさたけ)さんは「4年振りのまつりを多くの人に楽しんでもらえた。今後はさらに活気のあるまつりにしていきたい」と話していました。

 

無電柱化事業報告

高遠城下まつり4年ぶり開催

1日は、まつりを前に西高遠、国道361号の法面の落石防止柵の完成とご城下通りの無電柱化工事の事業報告会が行われました。
無電柱化工事の対象区間はおよそ500mで電線と電柱の撤去は今年の5月に終了しています。

前のページに戻る 一覧に戻る