伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
23/(土)

ニュース

箕輪町が火の見櫓の撤去費用を負担

箕輪町が火の見櫓の撤去費用を負担

箕輪町は各区の火の見櫓が不要になった場合、撤去費用を町が負担する考えを11日に示しました。
これは役場で開かれた町議会一般質問の中で白鳥(しろとり)(まさ)(のり)町長が議員の質問に答えたものです。
町内には29基の火の見櫓があり、ほとんどが建設後60年近く経ち劣化が見られるということです。
白鳥町長は「倒壊の危険があり区として不要と判断した場合には、町が撤去費用を負担していく」との考えを示しました。
箕輪町によると、現在火の見櫓は防災業務無線の拡声器を取り付けたり、消防ホースを乾燥させるのに使われているということです。
29基あるうち、6基は活用されていないということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る