伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
225/(水)

ニュース

小学生向け能楽体験講座

小学生向け能楽体験講座

11月19日に伊那市の伊那文化会館で開かれる「第32回伊那能」を前に、小学生を対象にした体験講座が富県小学校で2日に開かれました。
講座では、富県小学校の5年生12人が能楽を体験しました。
講師はシテ方(してかた)観世流(かんぜりゅう)(のう)楽師(がくし)で伊那市西箕輪在住の中家(なかや)()千代(ちよ)さんが務めました。
講座は日本の伝統芸能に触れてもらおうと伊那能実行委員会が2018年から開いています。
児童たちは能の台本にあたる(うたい)を声に出して読んでいました。
扇を使った舞の型も教わり、謡と舞を合わせて体験していました。
また、能面や装束を実際に身につけていました。
中家さんは「能面をつけると正面しか見えないため、舞台では柱を目印にしながら動いている」と話していました。
伊那能実行委員会では「能楽を身近に感じてもらい、楽しさや奥深さを知ってもらいたい」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る