伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
13/(金)

ニュース

日比谷松本楼で伊那の農産物PR

日比谷松本楼で伊那の農産物PR

 伊那市の白鳥孝市長などは、東京都日比谷公園にあるレストラン「日比谷(ひびや)松本楼(まつもとろう)」で伊那の農産物などをPRしました。
 1日は、白鳥市長や、JA上伊那の西村篝(にしむらかがり)組合長、日比谷松本楼の小坂文乃(こさかあやの)社長らが、訪れた人に伊那の農産物や加工品をPRしました。
 日比谷松本楼は、伊那市西箕輪出身の小坂(こさか)(こま)(きち)さんの子、(うめ)(きち)さんが1903年に開いた洋風レストランで、創業120年となります。文乃(あやの)さんは4代目です。
訪れた人は、伊那の果物や酒などを買い求めていました。
 この日は、首都圏などに住む、伊那市にゆかりのある著名人や財界人を招いて食事を楽しむレセプションも開かれました。
 伊那産イチジクと生ハムを使った料理や、森の茸と信州サーモンのキッシュ、信州アルプス牛のステーキなどが提供されました。
 ジャガイモとビーツのポタージュは、高遠の桜をイメージしていて、混ぜるとピンク色に替わります。
 参加者は、伊那の食材を使った料理を楽しんでいました。こちらの特別コースは11,000円で提供されています。
 また、伊那プレートは2,800円で提供していて、伊那のフェアは今月15日までとなっています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る