伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
225/(水)

ニュース

DXに向けたIoT人材育成講座

DXに向けたIoT人材育成講座

DX・デジタルトランスフォーメ―ションに向け、現状の課題やその解決策を学ぶ人材育成講座が、伊那市の産業と若者が息づく拠点施設allla(あるら)で5日に開かれました。
この日は、上伊那地域の事業所から11人が参加しました。
長野県ITコーディネーター協議会の()()(よし)(たか)理事長が講師を務め、グループごとにIoT導入の課題を出し合いました。
参加者は「社員の年齢層が高いため、最新技術の導入をためらってしまう」と話していました。
この日は架空の企業を題材に、課題の解決策を学びました。
DXは、デジタル技術を活用し、仕事やサービスを効率化していくことです。
この講座はDXに対応できる人材を育成しようと、伊那市と上伊那産業振興会が県の元気づくり支援金を活用し、開いているものです。
普世さんは「最新技術を導入することが目的ではありません。課題を含め現状を理解し、着実にデジタル化を進めてほしい」と話していました。
人材育成講座は、IoTツールの実習やデータ分析など、テーマ別に12月まで開かれる予定です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る