伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
246/(月)

ニュース

三日町区文化祭 お不動さまの天井絵特別展も開催

三日町区文化祭 お不動さまの天井絵特別展も開催

 箕輪町の三日町区文化祭が、8日に地区の公民館で行われ、区民の作品が展示されたほか、地区のお不動さまの天井絵に関する特別展も開かれました。
 会場には、三日町保育園の園児の貼り絵、地区の小学生の習字、区内のサークルの絵手紙など300点ほどが展示されていました。
 三日町区文化祭は新型コロナの影響で4年ぶりに開催され、今回で22回目となります。豚汁もふるまわれ、区民が交流スペースで味わっていました。
 展示スペースでは、今年特別展が開かれました。三日町(うえ)(だな)にあるお不動さまに関する特別展です。
 お不動さまのお堂には112枚の天井絵があり、その写真が展示されています。
 写真撮影や調査を行った北原(きたはら) 幹也(みきなり)さんが訪れた人に説明していました。また北原さんが作成したデータベースも公開されていました。
 天井絵は明治35年、121年前に寄付されたもので、絵には、寄付した人の名前が書かれています。
 現在の住民から3~4代前の先祖が寄付したもので、北原さんは、誰の先祖か調べようと名簿を作成しました。
 地区の住民に声をかけてみると、いくつか名簿は埋まりましたが、まだほとんどわかっていません。
 三日町以外の福与・松島などからも天井絵の寄付があったことがわかっていて、北原さんは、さらに調査を進めたいとしています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る