伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
236/(日)

ニュース

障害者バスケ長野県代表 箕輪町から2人出場

障害者バスケ長野県代表 箕輪町から2人出場

28日から鹿児島県で開かれる、特別全国障害者スポーツ大会のバスケットボール長野県代表として、箕輪町の2人が出場します。
12日は、バスケ知的障害に出場する白鳥(しろとり)健司(けんじ)さんと北澤(きたざわ)和也(かずや)さんが町役場を訪れ、白鳥政徳町長に出場を報告しました。
白鳥さんは中学、北澤さんは高校からバスケを始め、長年同じチームでプレーしてきました。
現在は諏訪市のクラブチームに所属しています。
二人が長野県代表に選ばれるのは7回目です。
白鳥さんは「シュートをたくさん決めたい」と話していました。
北澤さんは「いい結果が残せるようにがんばりたい」と話していました。
特別全国障害者スポーツ大会は、28日から国体と同じ、鹿児島県で開かれます。
長野県は初戦で長崎県と対戦します。
 

前のページに戻る 一覧に戻る