伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
167/(火)

ニュース

もの描く魔女展 22日まで

もの描く魔女展 22日まで

伊那市内などの女性絵画愛好者グループによる「もの()く魔女会展」が伊那図書館で13日から開かれています。
展示会を開いた女性6人は、上伊那などの絵画愛好家でつくる同塵会(どうじんかい)に所属する仲間で、女性有志で「魔女会」を作りました。
伊那図書館で3回目となる展示会には、油絵を中心に20点が飾られています。
このうち、南箕輪村の加藤(かとう)恵理子(えりこ)さんは、今年辰野町小野の御柱祭で氏子が着た衣装をデザインしました。
実際に着たものが展示されていて、肌着に色つきの炭で書いたものだということです。
魔女会では、「この展示会に描いた作品が多くあるので足を運んでもらいたい」と来場を呼び掛けています。
もの描く魔女会展は22日まで伊那図書館で開かれています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る